抜け毛や脱毛についての記事

男性型脱毛症(AGA)の原因と治療

男性型脱毛症(AGA)の原因と治療について知る

薄毛男子の男性型脱毛症画像

 

30代薄毛男子の猫田です。

 

最近ハゲや薄毛に対して知識が無さ過ぎることに気づきました!

 

敵を知らずにどうやって薄毛を改善するつもりなのだ!

 

ということで今回は、男性型脱毛症(AGA)の原因割合、そして治療が可能なのかについて調べてみました!

 

男性型脱毛症脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症脱毛症(AGA)とは画像

 

まずは男性型脱毛症(AGA)とはどんな症状の事を言うのか解説いたします!

 

■男性型脱毛症(AGA)とは?
簡単に言うと成人男性の髪が薄くなることです。思春期以降、男性の前頭部の髪の生え際が薄くなったり、頭頂部の髪が薄くなって地肌が見えやすくなる症状で、どっちか片方もしくは両方薄くなってきます。

 

男性型脱毛症(AGA)は進行性があるので、そのまま放っておくとどんどん髪の毛は抜けていきます。

 

薄毛対策を怠っていると完全なハゲになるわけです!

 

私はチャップアップでケアし始めたところですが、この記事を読んだあなたも何かしらのケアを早めにした方が良いかもしれません。

 

男性型脱毛症(AGA)の主な原因

さて、ここからは男性型脱毛症(AGA)の原因について解説していきます!

 

主な原因は6つ!

 

それでは1つずつ見ていきましょう!

 

男性型脱毛症(AGA)の主な原因その1 遺伝

AGAの遺伝画像

 

ぬぁ〜〜やっぱり遺伝か!

 

私の祖父も親父も完全に頭頂部はザビエル状態だよ!

 

薄毛どころの騒ぎじゃない!

 

親父には若いころは「お前は髪厚いから絶対禿げない」って言われてたけど見事にハゲてるわけで!

 

 

更に詳しく調べてみると、母方の祖父がハゲていた場合に自分もハゲる可能性があるという情報をキャッチ!

 

残念ながら母方の祖父は若くして亡くなっているので本人を見たことはありませんし、亡くなったのが若すぎるので遺影でもまだ髪はあります。

 

なので、一応まだチャンスありなのかもしれません!

 

でもハゲや薄毛を研究している人達は「ハゲ遺伝子は他にも色々ある」と言っているので、油断は禁物です。

 

まあ、現実に薄毛は始まっていますし、遺伝子を追求したところで何の対策も無いので、知識程度に留めておきましょう!

 

男性型脱毛症(AGA)の主な原因その2 男性ホルモン

男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れ画像

 

2つ目の男性型脱毛症(AGA)の原因と言われているのが男性ホルモン(テストステロン)です。

 

テストステロンは「5αリダクターゼ」という変換酵素の働きにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変換されます。

 

このジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、ヘアサイクルが乱れ、成長期が終了してしまうという事のようです。

 

つまり男性ホルモンを抑えることができればハゲないと言うことですね。

 

 

でも男性ホルモンに対してどうあらがえば良いのでしょうか?

 

例えば筋トレのし過ぎによって男性ホルモンがたくさん出る可能性はあるのか。
筋トレすると薄毛になる原因と対策

 

あるいはエロいことばかり考えてると男性ホルモンが増幅してしまうのか。

 

はたまた女性ホルモンを注入すれば男性ホルモンの分泌を減らすことができるのか。

 

この辺は後々詳しく調べてみることとします。

 

男性型脱毛症(AGA)の主な原因その3 乱れた食生活

乱れた食生活の画像

 

食生活の乱れは生活習慣病にも大きく影響してくることなので、髪の毛にも色々と影響をもたらすことは間違いありません。

 

私も近年、ラーメンに激ハマりしていまい、三食ラーメンとか夜中に目覚めて小腹がすいたらラーメンとか、とにかく食生活が乱れてました。

 

しかも毎日お酒も飲みます。

 

だからハゲてしまったんだと思い猛省中です。

 

 

栄養が偏ってしまうことは髪の成長に必要な栄養が不足するということ。

 

髪の毛にちゃんと栄養を送り届けてハリとツヤのある髪の毛を取り戻したいです!

 

やはりバランスの良い食生活は、自分の健康はもちろんのこと「薄毛予防+育毛効果」があり、改めて食改善の大切さを学びました。

 

しっかり野菜も食べて食生活を見直したいと思います。

 

男性型脱毛症(AGA)の主な原因その4 ストレス

ストレスで頭を抱え込む画像

 

ストレスもAGAになる主な原因の1つですね!

 

まったくストレスの無い人はいないですが、ストレスを溜めすぎてしまうと体に様々な異変をきたします。

 

それは「うつ病」だったり「勃起不全」だったり、そして「薄毛」だったりします。

 

しかも薄毛になって更にストレスが増えると、より薄毛が悪化するという悪循環。

 

薄毛になってしまった自分を鏡で見るたびに悲しくなりますが、購入した育毛剤を信じ、未来の自分を思い浮かべながらストレスを緩和していきます。

 

男性型脱毛症(AGA)の主な原因その5 睡眠不足

睡眠不足の画像

 

髪の毛には成長する時間があります。

 

それは午後10時〜午前2時の間と言われています!

 

毎日その時間に眠れることができれば良いのですが、いつまでもスマホをポチポチしていたり、「モンハン」したり「ドラクエ」したりして、睡眠時間が不規則な生活になることも。

 

それはつまり、髪が成長するゴールデンタイムを逃してしていることになるのです!

 

日中仕事なりなんなりで疲れた体は夜にしっかりと休める事が大事!

 

早寝早起きの習慣を身に付けることでAGA改善にも繋がります。

 

男性型脱毛症(AGA)の主な原因その6 運動不足

運動不足の画像

 

人間というのは年齢を重ねるごとに代謝が悪くなります。

 

そして食って寝てを繰り返していれば太りもします。

 

体内脂肪が増えると血管の中の血液はドロドロになります。

 

そうなると頭皮に必要な栄養が届き難くなるわけです!

 

そればかりか心筋梗塞や脳卒中などの病気にもなりかねません。

 

適度な運動が大切ですよ!

 

男性型脱毛症(AGA)になる割合

AGA治療画像

 

 

男性型脱毛症というのは様々な原因で発症することがわかりました。

 

それでは一体どのくらいの男性が男性型脱毛症(AGA)になってしまうのでしょうか?

 

 

まず、日本全国で男性型脱毛症を発症しているのは1260万人といわれています。

 

つまり、日本の総人口が1億2000万人と言われているので約10人に1人は男性型脱毛症を発症していることになります。

 

そして、男性型脱毛症(AGA)は年齢を重ねるほど発症する割合が高くなります。

 

発症率は「20代で約10%」、「30代で約20%」、「40代で約30%」、「50代以降は40%」以上と言われています。

 

30代では5人に1人がAGAを発症していることになりますね!

 

私も32歳なので20%の内の一人に入ってわけです…。

 

男性型脱毛症(AGA)は治療出来るのか

AGA治療画像

 

もし「男性型脱毛症(AGA)が治療できない!」なんて言われたら、私の育毛生活はそこで試合終了です。

 

そもそもカツラなんて絶対ヤダし!

 

調べてみるとすぐ分かることですが、今現在、男性型脱毛症は症状にもよりますが治療できます!

 

男性型脱毛症(AGA)を専門にしているクリニックも結構あって、飲み薬や塗り薬などで治療するそうです!

 

勿論、完全にハゲ散らかってからよりも、「あれ?なんかおれ薄くなってきた?」と思い始めた初期の方が効果が感じられやすいようなので、早めの対応が吉ですね!

 

私はチャップアップをしばらく試してみて、それでもだめなら専門のクリニックに行ってみようかと思っています!

 

まぁ、家のお財布を管理している嫁に要相談となりますが…。

 

男性型脱毛症(AGA)は早めの治療を!

こうやって調べてみると、私の薄毛も自業自得かなと思う所が多々ありました。

 

薄毛を改善するためにはチャップアップに頼るだけじゃなく、生活も改善しなくてはいけませんね!

 

これからAGA治療を始める方も、既に始めている方も、自分の生活を改めて見直してみると効果が早まるかもしれません。

 

一緒に頑張って育毛していきましょう!

おすすめ育毛剤ランキングBEST3

おすすめ育毛剤ランキング



ホーム RSS購読 サイトマップ
育毛検証 抜け毛の原因 薄毛改善 チャップアップ詳細